便秘に関する悩み

 

便秘とは何か?

便秘は、腸の中に便が長時間停滞している状態のことです。人間の身体は最低でも一日一回の便通がなければ正常とは言えず、もしも丸一日便が排出されなければ便秘になったといえます。便秘が続くと、腸内では悪玉菌という人体に有害な菌が増殖します。停滞したままの便は次第に腐敗していき、有毒なガスを発生させます。

さらに有毒な物質が腸壁を経て血液中に取り込まれ、頭痛や胃痛などといった人体内部の諸症状や、肌荒れなど目に見えるかたちとなって表れます。私たちの目には見えない部分で、便秘は厄介な状況を作り出しているのです。 便秘を予防するためには、毎日の食事と生活習慣が重要なポイントになります。特に食事については、便の直接の材料となり毎日のパワーの源になるため、長期間の断食や必要以上に小食にするダイエットは便通にとって良くありません。便そのものの質を向上させるためには、材料となる食事から改善する必要があります。特に腸内環境を悪化させないよう、野菜や乳酸菌を十分に摂取し、便を柔らかくさせるため水分もたっぷりと摂りましょう。

便秘は生活習慣や遺伝的要素を総合的に考慮して改善しなければなりませんが、まずできることは便の質を向上させるということです。本サイトでは便秘が起きた際に併発しやすい頭痛や胃痛などの諸症状を紹介しているほか、便秘を予防するための方法について紹介しています。毎日の快便のために、ぜひお役立て頂ければと思います。

便秘にならない方法

便秘を予防する方法には、生活習慣と食生活の二点がポイントになります。生活習慣については、トイレに行きたいと思ったら我慢せずにすぐ向かうこと、ストレスを溜めないよう運動などで適度に発散することが基本になります。もしも事情で運動ができな・・・

便秘と痛みの関係

毎日のお通じが途絶えてしまったら、誰しも不安になるものです。便秘を長く放置しておくと腸内の便が腐敗し、からだの不調やさまざまな痛みを引き起こします。まず、便秘になると頭痛を生じる場合があります。腸内のトラブルがなぜ頭痛を引き起こすのか、一見不思議・・・